ケータイ小説 野いちご

ルリタテハの瓶

八章 蝶

ぼくは退院した。

蓮見先生は離任した。

きっと、交わることのない蝶の羽のように、割れた瓶からとびだした、二匹のルリタテハのように。

< 15/ 16 >