ケータイ小説 野いちご

ルリタテハの瓶

七章 玲

「ほら、彼が来た」

彼を目にした途端、ぼくは叫んだ。

「煩い」

彼は、泣いていた。

それは、この瓶を洗う、聖水のように。

< 13/ 16 >