ケータイ小説 野いちご

焦れ恋ロマンス~エリートな彼の一途な独占欲

記憶の上書き

ピピピッと規則正しいアラーム音で目を覚ます。手を伸ばしてアラームを止めてベッドから起き上がると、カーテンの隙間から朝日が差し込んでいた。

洗面所に向かい顔を洗い、タオルで拭きながら鏡に映る自分と目が合う。その瞬間、思わず頬が緩んだ。

「夢じゃない、よね?」

そして自分自身に問いかけてしまう。

昨夜の織田くんじゃないけれど、まだ彼と恋人関係になれたことが信じられなくて夢心地。

急いでリビングへ向かい、スマホで夢じゃないことを確認した。

それは昨夜、織田くんから送られてきたメッセージ。【明日会えるのを楽しみにしている。おやすみ】

相変わらず男の人らしい絵文字ひとつないメッセージ文を眺めては、朝からニヤニヤしてしまう。

そして昨夜が夢じゃないんだって実感させられる。

あの後、織田くんは私を自宅まで送り届けてくれた。帰り際に『明日、休みだったらデートしない?』と誘って。

もちろんふたつ返事で了承し、今日は八時に待ち合わせしている。せっかくだから少し足を伸ばして、有名なアミューズメントパークに行こうとなったから。

< 154/ 266 >