ケータイ小説 野いちご

高校生活全てにおいて!

文化祭にむけて。

櫻井奏「はぁ。」
廊下を一人で歩いていると、同じ部活(軽音部)の後輩が、後ろから声をかけてきた
金田陵「奏先輩!どうしたんすか?」
櫻井奏「あ!金田。いやー、モテるっていいなって 思って笑笑」
金田陵「え。奏先輩モテたいんすか?」
櫻井奏「そりゃあ、モテたいよ!」
金田陵「マジすか!!?え。なんで?」
櫻井奏「んー。カレシほしいとか?」
金田陵「以外っすね。あ!じゃあ!俺が立候補します!」
櫻井奏「絶対に嫌笑笑まず!敬語をちゃんと使いなさい!」
金田陵「えー。堅苦しいじゃないっすか!」
櫻井奏「いちよ!先輩だからね?」
金田陵「同い年が良かったす」
櫻井奏「いやいや、意味わからん笑笑」
金田陵「あの!ラブレター貰ったりしませんでした?」
櫻井奏「私が?」
金田陵「そうっす。」
櫻井奏「ないない笑笑田中くん宛ならもらったよ」
金田陵「そうっすか。あの人かな?」
櫻井奏「ん?」
金田陵「何でもないっす。また!」
櫻井奏「あ。うん!ばいばい!」
嵐のようなやつだなー。
部活全然行ってないな。
今日行こっかな?
田中宇宙「おい!」
櫻井奏「田中くん?」
田中宇宙「今の誰だよ!」
櫻井奏「え?後輩だよ?金田でしょ?」
田中宇宙「!あいつか!」
櫻井奏「知り合いだったの?」
田中宇宙「あっ。いや、何でもねぇ。今日一緒に帰ろ?」
櫻井奏「…。部活ある、」
田中宇宙「そっか。じゃあ、また!」
櫻井奏「いつかね。」
ーキーンコーンカーンコーン♪
生徒会長田中宇宙!至急職員室へこいー
田中宇宙「行かなきゃ」
櫻井奏「あ。またね」
田中くんは、少し立ち止まりすぐにかけていった。
田中くんも、嵐だな

< 4/ 9 >