ケータイ小説 野いちご

冷たい幼なじみが好きなんです

喜んじゃだめなのに



世の中の男女の幼なじみは、どれくらいの割合で両思いになるのだろう。


どれくらいの割合で片思いとなるのだろう。


どれくらいの割合で…幼なじみとしてしか、見えなくなるんだろう。


そして…どれくらいの割合で、幼なじみとしてさえも、接さなくなるんだろう。


──遥斗は四番目だ。

わたしのことを、幼なじみとしてさえも、見てくれなくなった。


じゃあ……──わたしは?


わたしはいったい……どこに当てはまるのだろう。


わたしは遥斗の……なんなんだろう。


今まで遥斗の特別は自分だと思っていたけれど、

遥斗にはもう、わたしとはまったくちがう、特別な女の子ができてしまった。


遥斗の腕に触れていた百合ちゃん。

その横顔は噂通りすごく美人で、女のわたしでも見とれてしまいそうだった。


“おにあいだね”

あの言葉はお世辞でもなんでもない。

本当に心からそう思ったんだ。


綺麗で、スタイルがよくて、品があって頭もよくて…。


遥斗の隣に並ぶ女の子は、ああいう子が見合ってるって思い知らされた。


うっとうしいわたしなんかにはもう用はない。


そう言われているようで、仕方がなかった。


< 27/ 192 >