ケータイ小説 野いちご

冷たい幼なじみが好きなんです

最初からなれるわけなかった



──翌日。体育祭本番。


心配無用なカンカン晴れ。青々と広がる空は、思わず探してしまうほど雲ひとつ見えやしない。


「がんばれ~!!」
「いけいけ~!!」


今行われている種目は、プログラム3番の、障害物競争。
竜が出場している。


「あはははは!竜、ピンポン玉どこやってんの~!?」


竜が面白すぎる。
お玉でピンポン玉を運ぶところがあるんだけど、3回も落としてるし、ピンポン玉観覧席まで転がっていってるし。


「桂木くんさっき、俺にまかしとけ!て言ってなかったっけ!?」

隣にいる優香もキャッキャと笑っている。


「言ってた言ってた!これはもうまた竜をいじるネタができちゃったね!!」

「うふふ!わたしも今度使お~!」


このあとブロックのテントに戻ってきた竜は「絶対来年は出ねえ!!!!」なんてキレたように恥ずかしがっていた。


優香とわたしが出場するのは綱引きと、棒とり。

そしてわたしがプラス100メートル走。

優香も個人競技に出たらよかったのに、「絶対いや!笑ちゃん、わたしの運動音痴さ知らないでしょ!?」と珍しく拒否していた。

たしかに優香はどちらかというと運動が得意でない。

体育の授業の優香を見ていたら失礼ながらだいたいわかる。


< 143/ 192 >