ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

【完】李寵妃恋譚―この世界、君と共に―

第二章 宵越の記憶
宵の涙




『陛下、早くお世継ぎを……』


『ご寵姫を……』


『この国の未来をなんと考えて……』


―ああ、もう、うんざりだ。


聞き飽きた。


惚れた女?それを抱く?


惚れていない、後宮に家畜のように集められた美女を抱く?


そんなことをして、何が生まれる?


たくさんの、子が生まれる。


それが、国の未来に繋がるのか?


違う。……それは、国を滅ぼす。


『私は、今の、この国の下町を見てみたい』


革命前のこの国の惨状を知っておきながら、そんなことをいえた彼らの頭がわからない。


子がいたって、財政は傾き続ける。


後宮があったって、妃がいたって、黎祥にすべてを相手することなんかできず、ただ、彼女たちは牢獄の中で老いていく。


そして、嫁を取れない下町の者達が溢れ、民は少なくなっていく……そんな国の、どこに存在価値があると言うんだ?



< 39/ 956 >