ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

【完】李寵妃恋譚―この世界、君と共に―

第一章 宵明の邂逅
邂逅




その日は、雨だった。
地を激しい雨が叩きつけて、空では雷が鳴っていた。


「うわっ、どーしよ……」


おつかい先で、空を見上げて呟く少女。


轟く音に、少女は口をへの字に曲げた。


「凄い雨だね……。本当に帰る気かい?無理して帰らずとも、泊まって行っても……」


「ううん、大丈夫!ありがとうね、おじさん」


心配そうにそう言ってくれるおじさんにお礼を言って、少女はパパっと、雨具を用意する。


こういうことは、慣れている。


(雨ごときで、診察所を放れるかっ!)


―根っからの仕事の鬼である彼女は、決して、自分を甘やかそうとするはずもなく。


大事な薬草の箱、作った薬の入ってる箱、それと……


「よし!良かったぁ……これが濡れたら、困るもんね」


きちんと、お金も濡れないように保護!


「よし、じゃあ、また来るね!おじさん」


「―ちょっと待て?」


防具完璧!いざ!、と、雨の中に進もうとした少女の腕を掴むおじさん……ではなく、おじさんの息子・幼なじみの祥基(ショウキ)は呆れ切った顔で、少女こと李翠蓮(リ スイレン)を見下ろす。




< 3/ 956 >