ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

俺が好きって認めれば?【完】

#SECOND
「もう少し楽しませてもらうか」

###♡ KYOYA SIDE





恵那から電話があった日から数日が経つ。





休日の今日は、特に予定もなく、自室のベッドで仰向けになっていた。





すると、スマホの着信音が鳴り、電話に出ると、朝っぱらから鬱陶しい声が聞こえる。





「あっ、もしもし恭哉~?今何してるっ~?」


「別に、なんもしてねーけど」


「じゃあ2時間後に恭哉んちの近くのカフェ集合で♪」





それだけを言い残すと、遊は俺の返事を待たず、勝手に電話を切った。





カフェ集合って、唐突だな。


まあ、暇してたし別にいいけど。





俺はベッドから起き上がり、待ち合わせ時間に間に合うよう、身支度に取り掛かった。





そして2時間後、俺は遊とカフェの中にいた。

< 196/ 384 >