ケータイ小説 野いちご

冷たいキスなら許さない

まさかの再会
会食の悪夢


櫂に連絡することなくほったらかしにした。

櫂から会社に電話があったのは週明けの月曜日だった。

週末はいつものように社長命令で金曜夜から長野に戻っていて、フレックスの私はみんなより少し遅れて出社すると朝一番で櫂から電話があったことを事務スタッフから知らされた。
櫂の方からまた連絡すると言っていたという。

下北さんの視線を感じる。
”あれから連絡してなかったの?”とでも言いたいんだろう。

・・・気が重い。

今さら捨てた女に何を言ってくるつもりなのだろう。
自分がひどいことをしたという自覚がないのか、それとも、ただ単に昔の知り合いに会って懐かしくて声をかけたのか。
仕事の用事なのかーーー。


< 42/ 347 >