ケータイ小説 野いちご

新選組と封印された天狗少女

天狗

「人間め……許さぬ……」








私の魔力をすべて封印しおって。






いつか、殺してやる……。







人間なんて、大嫌いだ。







「君、どうしたの?血だらけじゃないか」





やめろ、触るな。






汚らしい!







「うわ、すごい血。ごめんね、俺の家まで来てもらうよ」






や、やめろ……。でも、力が思うように入らない。

< 1/ 7 >