ケータイ小説 野いちご

デキる女を脱ぎ捨てさせて

1.美し過ぎる支社長

 容姿端麗、眉目秀麗。

 振り返った彼を形容する言葉が他にあったら教えて欲しい。

 目の前の彼に私は今から通過儀礼を行う。

「ひと目見た時から倉林支社長のことしか考えられなくなりました。
 この後、お食事をご一緒させていただけませんか?」

 美しくて言葉では言い尽くせない気品漂う彼の風貌を敢えて表現するならば、真冬の寒空の下に咲く一輪の花。
 そんな叙情的で詩的に言い表したくなるくらい彼は浮世離れしていた。

 気を抜くと胸が高鳴って囚われてしまいそうになり、気を引き締めた。
 決めておいた台詞を出来うる最大限の心を込めて彼へ伝えた。

 黙って聞いていた彼が眉間に皺を寄せながら静かに告げた。

「配属初日にこのような奇怪な言動を起こせる度胸を仕事に向けてくれ。
 私は戯言に付き合うほど暇じゃない。」

 深みのある、体に響くような低音の声がゆっくりと丁寧に言葉を紡いでいく。

 聞き惚れてしまいそうな声も今は誰も寄せ付けない冷たさを纏っていた。
 その上、氷よりも冷たい眼差しを浴びせられて安堵すると「失礼しました」と彼の元を去った。



< 1/ 214 >