ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

甘えないで榛名くん。

榛名くんはデリカシーがありません。




「ん……」


翌朝……。
アラームが鳴る前に目が覚めた。


まだ寝起きで意識がボーッとしている中、手探りでスマホを探して時間を確認した。


「……6時半かぁ」


まだあと30分は寝れる。
よし、このまま寝よう。


なんだかいつもより、柔らかい感触に包み込まれていて、温かくて寝心地がいい。いい匂いもする。


思わず、その体温があるほうに身体をすり寄せた。


あれ……?おかしいなぁ…。
ベッドにはわたし1人しか寝てないはずなのに。


それなのにわたし以外の誰かの気配を感じる。


再び、閉じていた目を開けて。


「ん……、え……」


身体をくるっと回転させて反対側を見ると、ありえない光景が目の前にあった。


そこに、あるはずのない、スヤスヤと眠る


榛名くんの寝顔があるではないか。


< 33/ 391 >