ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

甘えないで榛名くん。

意識なんかしてないつもり。




あれから2週間くらいが過ぎた。


気がつけば季節はもう6月の下旬。


夏本番に向けて、これからどんどん暑くなっていく。



……正直、あの日以来、榛名くんと顔を合わせたくないと思ってしまった。


だけど、家にいれば、必然と顔を合わせるわけで……。


不自然にも、榛名くんのことを避けてばかりの生活になっていた。



家では極力、部屋から出ないようにして、
会話は必要最低限のことのみ。


榛名くんもわたしに対して何か言ってくることはなく、なんとか生活を送れている感じ……。


前のようにはいかず、不自然だらけだけど…。



「雛乃?どうかした?」


あっ…いけない。


今はお昼休みで、杏奈とお弁当を食べていたにもかかわらず、考え事をしていて、箸を持ったままフリーズしていた。



「なんかあった?最近ずっとボケーッとしてるような気がするけど?」


あれ、わたし最近そんなボケッとしてたのか…。


自分じゃ気づいていないなんて、恐ろしい。


< 174/ 391 >