ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

甘えないで榛名くん。

榛名くんがウチにいます。




「はぁ……疲れた」


あれから数時間が経って、今ようやく図書室の施錠をしたところ。



図書委員の仕事は大して疲れなかったけど、こんなにドッと疲れているのは絶対榛名くんのせいだ。


図書室の鍵を職員室に戻して、学校を出て、バスに乗って家に帰る。


ただでさえ疲れているっていうのに、バスは帰宅ラッシュの人たちでいっぱいで、バスを降りた頃にはヘトヘト。



なんだか今日はとことんついてない。


ついてないことって1つ起こると、それが連鎖してくるからこわい。


ついてないことはこれで終わりにしてほしい。


とりあえず今は家に帰ってベッドで寝たい。

そんでもって、今日あったことがすべて夢だったらいいのに……と考えながら帰り道を歩いた。


< 16/ 391 >