ケータイ小説 野いちご

肝試しの夜から

パートナーは誰

 昨夜の蒸し暑い修学旅行2日目の夜の事だった。
 教師陣は頭が湧いてるのではないかと思った。夜の食事の時間がもうすぐ終わる頃に先生からの話があると思ったら、肝試しをするなんて言いやがった。一応しおりには2日目のよるはレクリエーションとだけ書かれていたが、肝試しとは考えなかった。
 しかも男女二人のペア、クラスの枠を跨ぐらしい。

 食堂の出口で男子用の番号を引いて一度部屋に戻ることになった。準備があるからというのと、この学年5クラスもあるから一々その場で同じ番号の相手を探すが大変だかららしい。後で放送で20組ずつ呼び出すようだ。


 俺は部屋に戻りスマホを弄っていた。
 俺は肝試しなんて面倒だが他の男子はどう思っているのか。

「肝試し相手誰だろうな」
「同じクラスの奴はゴメンだな気まずい。1年の時も同じクラスだった奴とかな」
「キャーキャーうるさいやつとかな」

 意外と他の男子達は乗り気だった。
 しばらくすると放送で呼び出しが開始された。同室の一人は番号が早いのか早速出ていった。
 俺は結構番号が後ろだから呼び出されるのはもう少し後だろう。
 それからスマホを弄りながら、男子達と会話をしていた。
 アナウンスで出ていく奴も何人かいたが一番にこの部屋を出た奴がもう戻ってきた。肝試しはそんなに短いのか?

「おーどうだった?」
「白い布被って脅かしてる先生もいればなんかおもちゃ使ってたりしてたな。赤ちゃんの泣き声とかもしたぞ。よくわからんお化けとかもいたな」
「あと手を繋げとか」

 布被ったりおもちゃ使ったりこの先生達はどこに力を入れているのか。

「60番から84番玄関先へ集合」

 と、話を聞いてるうちに俺の番が来た。俺は部屋を出て宿泊施設の玄関まで来て辺りを見回した。どうやら前にに呼ばれたグループも何組かまだ残っているようだ。
 前後の番号を確認して順番待ちしていると一人の女子が来た。


< 1/ 10 >