ケータイ小説 野いちご

君色 ~二人の少年・少女の物語~

それぞれの道へ


3日後、二人の葬儀が行われて。
無事に終わり、そのあと兄妹たちでこれからについて、
話し合った。

真希「この家、残したいね」

『俺と桜、美桜は向こうに戻るし』

雷都「俺は寮生活だし」

杏「私も寮だし」

真咲「俺も、遠征ばっかだし、真弓の家にお世話になってるし」

真弓とは真咲兄の彼女である。
彼女も車椅子バスケの選手である。


雷都「大事なこと忘れてない?】

杏「あ!」

真希「蓮、あんたがここを如月を継ぐことになってなかったっけ?」

『そういえば、そうだったな』

美桜「でも蓮は、桜ちゃんの目の病気について研究してる途中だし」

雷都「俺から提案なんだけど、研究が終わるまで、
俺と杏姉が代行するのは?」

杏「私はいいよ、今までの恩があるし」

『悪いな、なんかあったら連絡してくれ』

真咲「蓮、美桜、結婚式はいつやるんだ?」

『あー、母さんたちにも約束してたんだったな、
結局美桜のウェディングドレス姿見せられなかったな」

美桜「そうだね・・・」

『来年以降になるな、三つ子もまだ3歳だし』

真咲「蓮、3人に会うのは初めてだったんだよね?」

『ああ』

美桜「3人とも、初めて会う人には大泣きするのに、
パパだって分かってるのかね?」

真希「かもね」

『そう言えば、真希姉、真人とどうなってるの?』

真希「実はね、妊娠したの、私達も来年結婚式やるの」

『おめでとう、真希姉』

杏「桜はジャックと来月結婚式よね」


桜「そうそう、招待状届いてるでしょ?」

真咲「届いてる、桜、ジャック、結婚おめでとう」

ジャック「ありがとう、皆」

『美桜、そろそろ向こうに帰るわ』

美桜「そう、3人に会ってかなくていいの?」

『この前あったばっかだし、桜たちはどうする?』

桜「私達も向こうに帰るよ」

杏「また寂しくなるね」

美桜「今度会えるのは、蓮の研究が終わったときだね」

真紀「三つ子に会えるのを楽しみにしてるよ」

『ああ、俺達も二人の子供に会えるのを楽しみにしてる』


皆に別れを告げて、俺達は各場所へ飛び立った。









この話は一旦ここで終わり。
次は三つ子たちのお話でお会いしましょう。








< 41/ 42 >