ケータイ小説 野いちご

君色 ~二人の少年・少女の物語~

両親の死


五月兄の死から3ヶ月。
いつものように俺の部屋で美桜と遊んでのんびりしてした。
美桜が驚きの一言を口にする。

美桜『ねぇ、蓮』

『ん?』

美桜「来てないの・・・」

『何が?』

美桜「・・・生理・・」

『へぇ?』

美桜「病院に行ったら・・、3ヶ月だって・・・」

『嘘・・・』

美桜「私まだ大学1年生だし、蓮だってアメリカの大学行きながら、お父様やお爺様の手伝いもして、
なおかつ、桜ちゃんの目の病気の研究もしていて忙しいし、今回は諦めようと思うの」

『美桜、それは本心?』

美桜「・・・」

『美桜、お前は大学をやめて、お腹の子の母親になってほしい』

美桜「蓮・・・」

『俺はアメリカに来週には帰らないといけない、
美桜の傍に居てやれない、ごめんな』

美桜「蓮、泣かないで・・・」

『俺じゃ、お前を幸せにしてやれないかもしれないな』

美桜「蓮、私、蓮の願いを叶えるよ、蓮が帰ってくるまで、この子を守るよ」

『美桜、俺で良いのか?』

美桜「蓮が良い、蓮じゃないとやだよ」

『3年、あと3年待ってほしい、すべて終わらして帰ってくる』

美桜「待ってる、ずっと」

そう言うと俺と美桜は触れるだけのキスをした。


そして翌週、蓮はアメリカに帰ってしまった。

< 33/ 42 >