ケータイ小説 野いちご

君色 ~二人の少年・少女の物語~

病状と移植


蓮が心臓病だと分かってから1ヶ月。
正直言って、蓮と美桜ちゃんの病状はあんまり良くない。

真希「蓮、美桜ちゃんに会いに行かなくていいの?」

『行けない、こんな弱った姿見せたら、心配かける』

真咲「もう心配かけてると思うけどな、お前が心臓病だと診断されたとき、美桜ちゃん、泣いてたんだぞ、
そのあと、美桜ちゃん、倒れたんだ」

『え・・、何だよそれ・・』

暁斗「今は絶対安静、行ってあげたらどうだ?」

『真咲兄、連れていって』

真咲「了解、暁斗手伝ってくれ」

暁斗[コクン(..)]

俺は真咲兄と暁斗兄に連れられて、美桜の病室へやって来た。

真咲「美桜ちゃん、お客さんだよ」

美桜「誰?」

『美桜』

美桜「蓮・・?」

『何ヵ月ぶりだろ?4か月ぶり?』

美桜「それくらいかね」

『会いに来れなくてごめん、この前までピンピンしてたのに、今では、車椅子で移動しないと息が苦しくなるようになっちゃったよ』

美桜「私もだよ、蓮、少し屋上に行かない?」

『美桜、大丈夫なの?』

美桜「蓮に離さないといけないことがあるの、これからの私達二人の生活のために」

『分かった、真咲兄達は、ここで待ってて』

暁斗「いや、俺達近くまで行く、親父から頼まれてるし」

美桜「暁斗くん、お願いできる?」

暁斗[コクン(..)]

真咲「じゃ、行こうか」

俺は真咲兄に、美桜は暁斗兄に車椅子を押されて、屋上へ。

< 17/ 42 >