ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

【番外編】人気者の上原はいつも不機嫌

とある男子の日常





突然だが俺、山川 樹貴(やまかわ たつき)は……





とある暴走族の幹部を務めている。





暴走族といえばあまりいいイメージはないと思う。



常に喧嘩ばっかして暴れてるイメージがあるかもしれない。



だが、俺が所属している族は自分からは喧嘩を挑まないという規則があるためそこまで喧嘩ばっかではない。



相手から挑まれるからだ。



それでも売られた喧嘩は買い、全部勝ってきた。



ただでさえそれでも有名だというのに、まだ他の理由で俺たちは有名である。



それは顔面偏差値が高いこと。



イケメンと呼ばれる奴が多い。



ちなみに族の半数以上が普段は一般人として溶け込んでいる。



俺もその一人で顔もそこそこいいと思う。



女には困ったことないし、かといって本気で好きになって奴もいない。



って、そんなしょうもない話はこれまでにして。



俺たちの族で中でもずば抜けてイケメンであり、なおかつ喧嘩も強い人間が二人いる。




< 134/ 145 >