ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

青い僕らは奇跡を抱きしめる

第二章 見守るサボテン



 家に帰る準備が整い、伯母の家を去ろうとしていた朝、すでに気温が上がりつつある中で、葉羽と兜も一緒に見送ってくれた。


 突然の俺の訪問。

 それなりに退屈しない日々を一緒に過ごし、兜とは男同士の友情も芽生え、そして葉羽ともこのまま去るのが少しもったいないような気分にさせられた。

 だが、ここでの生活は俺には夢の中の出来事に過ぎなかった。

 俺は覚悟を決めて、現実のあのつまらない生活に戻る事を受け入れる。

 いつまでも感傷に浸ることすら諦めないといけない虚しさに、俺はなんだか泣きたくなってしまった。

 でもそんな顔見せられる訳がない。

 何事もなかったように、そっけない表情をしながら、足だけ踏ん張って耐えていた。


「また来るでしょ?」


 葉羽に力強く念押しされると少し気が緩んで涙腺が熱くなりかけた。

 それを飲み込み、なんでもない事のようにあっさり返事した。


「うん」


 伯母の家がここにある限り、必ずまた戻ってこれる事を自分に言い聞かせ、口元を少し上げて余裕の笑みを装ってみた。

 葉羽はそんな俺の顔をどこか心配そうに瞳を潤わせてみていた。

 別れが惜しいほど、そんなに気に入られたのだろうか。

 男ならそれは嬉しい事でもあるが、それに対して気の利いた言葉を掛けられる訳もなく、俺はどうリアクションを取っていいのか少し戸惑って、ぎこちなく視線を背けた。


 駅まで送ってくれるという伯母の車に乗り込み、ドアを閉めたとき、葉羽は俺が座っている後部座席の窓に顔を寄せる。

 手動では窓が開けられず、まだエンジンもかかってなかったのでボタン操作で動かすことも出来ず、ただ窓越しに俺たちは見つめていた。

 葉羽が何か言おうとして口を開けたとき、閉まった車のドア越しからくぐもった「頑張って」という声が聞こえた。

 なぜこの時そんな事を言われたのかわからなかったが、バイバイというよりはいい挨拶だと思ったのかもしれない。

 英語に訳してみればグッドラックみたいなやり取りだった。

 何を頑張ればいいのかわからなかったが、俺は葉羽に最後だからと笑顔で受け答えた。

 そんな事が素直にできたのも、当分会えないのがわかっていたし、窓越しから伝える俺の精一杯の感謝の気持ちだった。


 まだこの時は幾分か子供らしい素直な部分が残っていたらしい。

 俺はこの姉弟と別れることを寂しく思っていると認めていた。

 最後に二人は去っていく車に思いっきり手を振ってくれた。

 葉羽は少しでも俺を見ようと、一緒に走って追いかけて来ていた。

 車の速さにはついていけず、すぐに立ち止まってしまったが、俺は後ろを振り返り、小さくなっていく葉羽に弱々しく手を振りながらずっと見ていた。


 夏の終わりを告げるツクツクボウシの声が、くぐもってどこからか聞こえて流れていった。

 なんとなくそれがもの哀しくて、夏の終わりを急激に感じた。

 葉羽と別れたら、夏も一緒に過ぎ去って行ったように思えた。

 少し、鼻の奥がツンとした。

< 26/ 106 >