ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

好きになった人は吸血鬼でした。-さくらの血契1-【一人称修正ver.】【完】

00
side黒藤


母上の目覚め、そして始祖の転生があることが知れると、俺の周りは一気に慌ただしくなった。

俺が転生を保護していると、すぐに知れ渡ったからだ。

一目逢ってみたい、どのようなお人なのか、と、俺への文が山と届いたのだ。

「おーおー、真紅は大人気だなぁー」

小路一派の各家から届く文をまとめてぐしゃりと潰して、庭で水やりをしていた縁に声をかけた。

「縁―、暇なときでいいから、これ燃やしておいてくれ」

「これ? ……いいの? そんなの燃やしちゃって。黒藤がそんな態度だから陰口叩かれてんのよ」

腰に手を当てて怒る縁だが、俺にダメージはない。

「ごみだ。ちょっと出てくるから、留守番頼む」

「わかった。昏くならないうちに帰ってきてねー」

「おう」

一つ肯き、羽織を手にして庵を出た。


< 409/ 413 >