ケータイ小説 野いちご

好きになった人は吸血鬼でした。-さくらの血契1-【一人称修正ver.】【完】

1 月夜の吸血鬼
side黎



「……黎のことも教えてくれるなら」


「お前結構口上手いな」


「どうも」


「小埜黎。十九」


「二十代後半かと思った……」


「それはどういう意味?」


「黎さんが大人びているという意味です。それだけです」
 

年齢より年上……はっきり言って老けて見られるのは、俺はいつものことだった。


けれど真紅に言われると……いじり甲斐がありそうだ。


「二十歳過ぎてたら承諾なしで婚姻届け出せたのになー」


「婚姻⁉ 黎、恋人いるの⁉」
 

あ、食いついてきた。予想外に反応が大きい。


「ちょ、何夜道ふらふらしてんの! 私彼女さんに申し訳ないことしてるじゃん!」
 

え。


「ちょっと、まこ


「駄目だよ彼女さんいるのに私にこんなことしたら、私顔向けできな


「落ち着けって真紅。彼女なんていねえし……」


< 37/ 413 >