ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

【完】キミさえいれば、何もいらない。

*私の苦い初恋

男の子に憧れのような気持ちを抱いたのは、それが初めてだった。


当時高一だった私の家には、一つ上の二年生のお兄ちゃんのバンド仲間の友達が、毎日のように遊びに来ていて。


そのほとんどが、お兄ちゃんと似たような派手な容姿のチャラい人ばかりだった。


だから私は、その人たちが苦手だった。


家に帰るといつもワイワイ騒いでいて、ノリが軽くて、ふざけてばかりで。


人使いの荒いお兄ちゃんは、飲み物を持って来いとか何かと私に用事を押し付けるから、たびたびお兄ちゃんの部屋に呼ばれて、そのたびに絡まれたりするのが嫌で。


だけど、その中に一人だけ、みんなとは違うオーラを放っている人がいた。


一人だけ髪を染めていなくて、眼鏡をかけていて、いつも落ち着いていて、見るからに好青年風の大人っぽい長身の美男子。


そう。それが遠矢陸斗先輩だった。



< 173/ 370 >