ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

【完】キミさえいれば、何もいらない。

*大事なもの

朝、学校に来ていつものように自分の席で本を読んでいたら、璃子が元気よく声をかけてきた。


「おっはよー、雪菜」


「あ、おはよう」


「あれ?雪菜今日髪型がいつもと違う!」


そう言われて、さっそく気づいてくれたんだなと思い、ちょっと嬉しくなる。


実は今日は、珍しく髪型をハーフアップにしてみたんだ。


いつもはただ下ろしているだけだから。


「うん。ちょっと気分変えてみようかと思って」


「いいじゃん!可愛いよー、すっごく!」


璃子に褒められて、はにかむ私。


「そうかな?ありがとう」


「うんっ。これは彼方くんも喜ぶよねー、きっと」


さらには、思いがけないことを言われて。


「……なっ!なにそれっ」


「だってそうじゃん?好きな子がいつもと違う髪型してたらさー、ドキッとするじゃん」


「そうなの?」


「そうだよー。あ、もしかして、彼方くんが雪菜のためにイメチェンしたから、雪菜もイメチェン?なーんて」


「まさかっ!」



< 147/ 370 >