ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

大好きな彼は超能天気ボーイ

功の大丈夫は大抵信用ならないのに落ち着く。

「功!朝だよ、起きて起きて!」

私は功の部屋のカーテンを開ける。


「んーっ梨乃。眠たい…」



そんな猫なで声でいわれると、逆に起こすのが申し訳なくなるじゃん…



「んーもう!起きて!ほら!」

「分かった…梨乃おはよ。」



「うん。おはよう。
ご飯作っといたから、食べといてね。
あとは着替えできたら置いといて。
今日は時間に余裕があるから、洗濯してけそうなの。
それから…」


私は功の布団を整えながらそうお願いする。


次の瞬間…


スッと掴まれた腕。


気配でわかる。すぐ後ろにいる功。


私は、何事だと思い振り向く。




「功…?どうしたの?」


「…。」


功は何も話さない。


「功…?」

いつもとおかしい様子の功。
私は思わず顔を覗き込む。


やっぱり顔が整ってて…
ドキドキしてまともに顔も見れないはずなのに、功にぐっと引き込まれる自分がいる。



「やっと目見てくれた。」


「え?」


「今日起きてから、
一つも目合わせてくれないからさ。」


何それ。
今こうして掴まれてるのも、それが理由?
何それ可愛い。



「うーん。そうかな?」


「うん。そうだよ。」


「ごめんね。
梨乃さんは忙しくしてたから。」


「梨乃さんは忙しいね。じゃあハグして?」


え?
それは忙しい事と繋がらない気が…


「え、今?」

「うん。今。」


急にくる功のおねだり。
今?とか聞くけど、
本当は凄く嬉しかったりする。


功は掴んだまま私を引き寄せ、包み込んだ。


とても優しく。


鼻をかすめるシトラスの香り…
功の匂いはいつも健在。落ち着く。


功はやっぱり背が高い。
私と頭いくつ分違うんだろう。


だって
数ヶ月で3センチくらい伸びてるもんな。
羨ましい限りだ。ずるいヤツめ。

そんな事をうかうか考えて、
功の背中をぽんぽんとする。


このままの状態がずっと続けばいいのに。


そんな事を思ってしまうのだけど、やっぱり気恥ずかしかったりもする。


「さあ功!早く準備しちゃおうよ。
遅刻するの梨乃さんは嫌なんだぞ。」


学校を言い訳に、
私はそのドキドキから逃げてしまうんだ。


とってももどかしい。



< 64/ 174 >