ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

大好きな彼は超能天気ボーイ

阿久津先輩 その笑顔、嘘っぽいです。

「功ー!朝だよー!早く起きてっ 」


「んー。梨乃、おはよ。」


簡単に起きて
功は長い手を上に伸ばす。


「あれ、この傷どうしたの?」

功の腕に、すっと赤いのが一筋。
これは、まさか…

「も、もしかしてリスカ?
どうして!死んじゃダメだよ?私がいるから、大丈夫だよ?」


思わず功に抱きついてしまった。功が私から居なくなるなんて、絶対に耐えられなさすぎる!


「はあ?ねえ梨乃さん、誤解だよ。これ多分ただのかすり傷だから。」



功は呆れたように私を見る。
視線が痛い…。


「…え?確かに、リスカは普通内側だよね。
あ、でもほら絆創膏!」


「別に平気だよ。てか、朝から心配性発症しすぎだから。」


彼は呑気にあくびをしながら私の頭をそのまま撫でた。



なんか……すみません……


「功、早く学校行こうよ。」


「うん。頑張って急いでみるよ。
でもあと
10分くらいこのままでいさせて?」


「えっ? 抱きついたまんまだよ?そんなのいくら何でも…って、功?聞いてるの?」


功はそのまんまスヤスヤと寝息を
立てて寝ている。


「ほんとに寝てる…( ˙-˙ )」


功は呑気に私の肩で眠ってる。
功は本当に温かい。

私も彼にそっとぎゅっとした。

「今日も頑張ってね、功。」








< 16/ 174 >