ケータイ小説 野いちご

たとえ、この恋が罪だとしても。

*幼なじみとの距離感





あの日から、もう一ヶ月が経った。


季節はもう、6月になった。
梅雨の時期に入ったため、雨が降る日が続いている。
そのため部活で美術室に行っても、お兄ちゃんの姿をグラウンドで見ることができていない。

それに加えて、中間テストを来週に控えているため、どの部活も2週間前から休みに入っている。


「真優、帰ろうぜ」

朝から降り続ける雨を教室の窓から見ていると、光太郎が声を掛けてきた。

「うん」

窓に向けていた視線を、光太郎に向けた。

「なぁ、今日さ、俺ん家で勉強しねぇ?どうも、図書館だと落ち着かなくて」


他愛もない話をしながら教室から出て、光太郎と並んで下駄箱へと向かう。

「光太郎と図書館って、相性悪そうだもんね」

「どういう意味だ!?」

「そのまんまの意味」

「あ!?」


下校時間がどの学年も重なり、ほとんどの生徒が下駄箱に向かっているため、廊下は混雑している。

大勢の生徒が行き交う中、同じ学校に居てもお兄ちゃんと廊下ですれ違うことは滅多にない。


けど、今はちょうどいいかもしれない。


< 96/ 221 >