ケータイ小説 野いちご

たとえ、この恋が罪だとしても。

*傷ついても、側にいたい。






中学1年の夏、暑い日差しに照らされながら涙した日。




1時間ぐらい時間を潰して家に帰ると、玄関には兄の靴はなかった。


家の中も静まり返っていて、人の気配がない。



…いないのかな?


自分の家だというのに、恐る恐るリビングへと向かう。




リビングのドアを開けると、やっぱり誰もいない。


二階からも、人の気配は感じない。



「…はぁー」


やっと、安堵の息をつけて気がした。




…お茶でも飲もう。


炎天下の中、時間を潰したから喉はカラカラだ。



台所にある冷蔵庫に向かおうとした途中、テーブルに置いてある一枚の紙に目が留まった。



「…なんで」


くしゃくしゃになってしまったはずの数学のテストが、綺麗にのばされ置いてあった。


お兄ちゃんの部屋の前で、力なく落ちてしまったテスト。


それが、どうしてここにー…?


テストを手に取り、見つめる。





…あれ?



じっと見つめていると、学校でテストを返してもらった時と違う部分があった。










< 49/ 221 >