ケータイ小説 野いちご

たとえ、この恋が罪だとしても。

*妹だと、思い知らされた夏。











「白石、よく頑張ったな!中間よりもだいぶ、点数伸びたぞ!!」


今日は、期末テストの結果が返って来る日。




そして今の授業は、数学。



「お兄ちゃんのおかげだな!帰ったら、結果を報告してやれよ」


高橋先生から採点されたテストを受け取り、驚いた。



50点満点中、42点。

中間で25点だったから、すごく点数が伸びた。


しかも、数学だけ。



「真優!どうだった?数学」


自分の席でテストを見ていると、光太郎が返されたテストを持って来た。


「え!!?42点!?真優が!!?」


人のテストを覗いて、大きな声で叫んだ。


「ちょ…声でかい!!」

パシっと、光太郎の腕を殴る。


「え…カンニング?」

今度はやけに小さい声で、光太郎が聞いてくる。


「そんなわけないじゃん!…お兄ちゃんのおかげだよ」


高橋先生の言う通り、お兄ちゃんのおかけだ。


先週、お兄ちゃんに教えてもらった公式が頭に入ってたから、良い点数が取れた。


「マジか!いいなぁ!涼真先輩に勉強教えてもらえて!!!」


目をキラキラさせ、本気で羨ましそうな光太郎。


「…ほんと、お兄ちゃん好きだね」


「もちろん!」

堂々とお兄ちゃんを好きって言えて、うらやましい。


「真優、ちゃんと涼真先輩にお礼言えよ!?」

「何で光太郎に言われなきゃいけないのよ」

「で、今度俺にも勉強教えてって頼んでおいて」

「…」


それが目的かー…




「絶対だぞ!!」

「はいはい」


念を押して言うと、光太郎は自分の席に戻って行った。








< 40/ 221 >