ケータイ小説 野いちご

【短編】星の数からひとつをあなたに

第2章






ちいさな違和感に気づいたのは

同じ部署で働くようになって

ちょうど2年が経った頃

わたしをみる目が

何かを境に

優しくなった






< 4/ 45 >