ケータイ小説 野いちご

【短編】星の数からひとつをあなたに

第6章






イケナイと分かっていても

いつか終わらせないといけない

この関係

今日も言いだせず

あなたに抱かれる




< 27/ 45 >