ケータイ小説 野いちご

【短編】星の数からひとつをあなたに

第1章






きっかけなんて

覚えてないけど

気付いたら

好きだなって思ってた




< 1/ 45 >