ケータイ小説 野いちご

君に出会えた奇跡

1-1、二人の男性からの告白と菜々子の戸惑い1
1-4、二人の男性からの告白と菜々子の戸惑い4

弁護士になるか体育教師になるかで迷ってるよ。親は弁護士になって欲しいみたいだけど、佐和ちゃんは俺がどっちになるのがいいと思うかな?。」


佐和-「私は、悠哉先輩が本当になりたいと思う方を選んで欲しいです。」


悠哉-「佐和ちゃん、ありがとう。迷ってたけど、俺決めたよ。体育教師になりたいから目指すよ、佐和ちゃん。」


佐和-「私のアドバイスで良かったんですか、悠哉先輩?。」


悠哉-「うん、佐和ちゃんに聞きたかったから良いんだよ。おかげで俺進路決められたよ(笑顔)。」


佐和-「良かったです。体育教師になるために頑張ってください。」


悠哉-「ありがとう、佐和ちゃん。途中まで送るよ。」


佐和-「ありがとうございます、悠哉先輩。」


悠哉-「どういたしまして、佐和ちゃん。話を聞いてもらったお礼だよ。」


佐和-「悠哉先輩、優しいですね?。」


悠哉-「ありがとう。でもこのくらいなら普通じゃないかな?。」


佐和-「そうなんですか?、初めてだからわからないんです。」


悠哉-「そうなんだ、俺は普通だと思うよ。佐和ちゃん、良かったら委員会ある日は一緒に帰らないか?。」



< 25/ 89 >