ケータイ小説 野いちご

ずっと、キミのこと見てたよ?





「た、楽しすぎるーーー!」


思わず立ち上がりながらそう叫んでしまった。


教室中の視線が私に集中している。



「ちょっと椿(つばき)ちゃ〜ん!お静かにデ~ス」


「え、えへへ、すみません……」


私は百田(ももた)椿。


これでも、神田外語大学に通う1年生。


特別かわいくはないけど、イケメン好きの自称ミーハー女子。



たった今私をたしなめてくれたのは、友達の佐伯(さえき)メアリー。


母国はアメリカで、日本人とアメリカのハーフ。


髪は金色で、目は薄いブルー。とっても綺麗!


入学前に日本へ返ってきた帰国子女らしい。


< 1/ 27 >