ケータイ小説 野いちご

君を食べたい。

救いようのない話

自分が普通で無いことは、とっくの昔に気付いていた。
それが確信に変わったのは、高校2年の夏のことだ。









< 1/ 5 >