ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

恋ってやつを教えてやるよ。


3*自分磨きをしましょう。


「恋活してみることにした」



恋活することを決意したその日の放課後、私は早速ジロにその旨を伝えた。



「……え?」



帰り支度をしていたジロは、キョトンとした顔で私を見ると、何のことかようやく理解したようでみるみる目が輝き始める。



「だっ!」


「わぁっ!?」


「だから言っただろ!?俺の話を聞いてれば、お前も恋がしたくなるって!!」



興奮からかキラキラした顔で私の肩をガシッと掴むジロ。


すぐにはっとした顔をすると、冷静を装うようにやれやれ、とわざとらしく首を横に振った。



「どうせこうなるんだから、最初から抵抗なんてするんじゃねーよ」



その表情からは『ほら言わんこっちゃない』という心の声がだだ漏れてやがる。



うわー。


なんちゅー憎たらしい顔……。


やっぱり、早まったかな……。



明らかに調子に乗ってるジロの様子に、口角が引きつって仕方ない。



ってか、あんたの惚気話になんて、1ミリも心動かされてないっての。



……と言ってやりたい気持ちはやまやまだけど、今日のところはやめておこう。


無駄な言い争いは時間の無駄だ。


時間は有限。タイムイズマネー。



それよりも先に、本題に入らなきゃだよね。

< 40/ 152 >