ケータイ小説 野いちご

色ってどんなの?教えて。

こそっと返す。隣だし…ね…
「そっかー、わかった。じゃあ、あっち行こ!」
「あっ、うん。」

パタパタと走っていく。すみっこにきたところで口を開いた。
「実はね…川崎くんなの。」
「えっ!…そっかそっかー。協力するからね。」


「うん、ありがとう…でも、もう1つ報告があるんだけどね、私…病気がまた進んでるんだって色覚の…」
「えっ…そんな…止まってたんじゃないの?何で?」

< 9/ 48 >