ケータイ小説 野いちご

イケメン悪魔とツンデレ美女、ひとつ屋根の下で

Part3
走れるよな




「暁!!起きて!!はやく!!」


扉をバンバン叩いても反応がないため、わたしは仕方なく部屋に乗り込んだ。


...向こうに顔を向けたまま、まったく動きがない暁。


「起きてるでしょ!?ほら!!もう朝ですよー!!」


わたしはヤツがかぶっているかけ布団をバサーッ!!とはがしてやった。


「チッ...もっと可愛く起こせよ」


暁は上半身を起こして眠たそうな瞳でわたしを軽くにらむ。


全然怖くないもんねっ!!


「可愛い起こし方とかないでしょっ!!ほら、30分後に家出るからね!!」


「...めんど」


わたしが部屋をあとにしようとした瞬間につぶやいた言葉は、しっかりとわたしの耳に届いた。


「約束したじゃん!!遊園地でもライブでもどこでも一緒に行くって!!忘れたとは言わせなーい!!」


わたしはなにか言い返される前に、それだけ言って部屋を逃げた。


暁、絶対当日になってめんどくさくなったパターンだ!!


でも、そうはさせない!!


今日は待ちに待った20日。


遊園地、そしてリトスタのライブの日である!!


< 78/ 198 >