ケータイ小説 野いちご

アローン・アゲイン

プロローグ ─── ANOTHER SUMMER

夏が季節の中で最も素敵だと感じる理由…

それは甘く煌めく特別な恋が、飾りのない夏のシーンに永遠に辿り着けない夢として描かれているイメージがあるからだと思うのです。

それは、いつか出会うかもしれない物語へのプロローグへと繋がっているのですが、もしあなたが本当に出会いたかった夏と巡り会ったとしても、それには気付かないでしょう…

何故なら実際に体験した夏のシーンよりも、心で想い描いている夏の方が、より理想的な夏のイメージであるからです…

ここに綴られたストーリーは、夏に出会う恋をテーマに描いたエピソードの三部作〈ANOTHER SUMMER〉の完結編です。

あなたに訪れる夏の出会いには、どの様なシーンが描かれているのでしょうか…

< 1/ 22 >