ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

くノ一(仮)

第2章

私は両親の経営する団子屋で働いていた
ある日、いつも通り接客していたら
いきなり村で暴れてる悪い奴らが
店に入ってきて私は裏口から逃げた。










< 3/ 5 >