ケータイ小説 野いちご

高桐先生はビターが嫌い。

「負けないから」


******



「アイ、ちょっと宿題見せて」

「え、」



ゴールデンウィークが明けてから、数日後。

朝、教室に入るなり市川があたしに話しかけてきたかと思えば、いきなりそんなことを言われた。

ゴールデンウィークに突入するまでは…というか、春の遠足で遊園地に行ったあの日までは、ほとんどあたしらには話しかけてこなくて。

ずっと、日向とばかり仲良くしていたのに。

あの遊園地の日以来、市川は日向とはつるまなくなった。

あたしがそんな市川の言葉に頷いて宿題を見せると、それを見ていた他の仲間達が言う。



「え、市川宿題やってないんだ」

「だってメンドイしー」

「今までは結構マジメだったのに、そういうとこ」



そう言うと、「珍しいね」なんて。そんな言葉を口にする。

…だけど一方、そんな会話の隣で、あたしは。

ふいに日向に目を向けると、日向も市川の方を見向きもしない。

これは……もしかして、いやもしかしなくても、あたしの作戦が成功したんじゃない!?

あたしはその可能性に気がつくと、思わずニヤけそうな顔を普段通りに保ちながら、宿題を写す市川にさりげなく言った。



「…ひ、日向には見せてもらわないんだ?」

「!」



怒られる覚悟で、そう問いかけると。

一瞬だけ、ペンを進めていた市川の手がピタリと止まる。

まるで何かを考えるように…。

…だけど、それはすぐに再開して…



「…宿題見せてもらうくらい、誰だっていいじゃん」



と、吐き捨てるようにそう言った。

< 174/ 301 >