ケータイ小説 野いちご

高桐先生はビターが嫌い。

壊れかける友情。


******


「ねぇ、なんかつまんなくない?」



春の教室。

市川の背中を眺めながら、あたしは不意に仲間達にそう言った。

あたしの名前は、北島アイ。

高校からずっと、市川と仲良くつるんでいた仲間だ。

それなのに…



「市川。今までずっと日向に嫌がらせばっかしてきたのにさ、最近じゃ手のひら返したように仲良くしだして。意味がわかんない」



あたしはそう言うと、仲間達と一緒に食べているチョコレートを、一口、口に含む。

するとそんなあたしの言葉に、それを聞いていた仲間達が言う。



「確かに。何の予兆もなくね。変だよね」

「日向に何か言われたとか?」

「何かって何」

「そりゃあ……何かでしょ」



仲間達は口々にそう言うと、あたしと同様…市川の方を見遣る。

当の本人である市川は、今もやっぱり日向と楽しそうに教室の隅で雑談をしている。

…アイツへの嫌がらせなんて、市川が一番やる気になってたのにな。

まぁ…その理由だって、あたしらは実は未だに知らないわけだけど。

しかしあたしがそんなことを思っていると、不意に仲間の一人が口を開いて言った。



「…あー、でもそれって、高桐先生が関係あるのかもよ?」

「え?高桐?何で」

「だってこの前呼び出しくらってたじゃん。えっと…ほら、日向の制服を市川がハサミで切り刻んだ日!」

「!…ああ~」

「確か、それ以来何も言わなくなったよね、市川」



そう言うと、「高桐先生が原因じゃね?」と。

あたしを見遣るそいつ。

「で、どうするよ?」って聞くから、あたしは口を開いて…

< 154/ 301 >