ケータイ小説 野いちご

高桐先生はビターが嫌い。

1回目の出会い。



「…んっ?」

「!?…っ」



突如。

目の前の若い男が、あたしの顔を見るなり目を細めて、顔をしかめた。

…見たことがある顔。

とでも思っているんだろうか。


あたしがその男…

“高桐先生”の視線から目を逸らすと、

先生は呟くように言った。



「…なんか」

「…」

「すごく見覚えのある顔、だね」

「!」



そう言って、先生は。

教室のど真ん中。

容赦なくあたしの顔を覗き込む。



「んー??」

「……、」



高桐陽太先生。

彼はこの春からこの学校に新米教師としてやってきた先生で、

なんとこのクラスの副担任になってしまったらしい。


しかも先生は、クラスメイト全員が見ているというのに、

次の瞬間あたしに言った。



「…きみ、“アイリちゃん”だよね?」

「…っ」

「この前、合コンに来てた!」

「っ!!」



…終わった。


そう言われた瞬間、あたしはそう思った。

だってその“アイリ”という名前はあたしの偽名で、

この場では決して言っちゃいけない名前…なのだから。


しかも、先生は。

そんなあたしに構わずに、言葉を続ける。



「…あれ。でもあの時…きみ、自分のこと20歳って言ってなかった?」



そう言って、本当に不思議そうに首を傾げる高桐先生。


…最悪。今すぐ消えたい。


あたしは心からそう思いながら、

何も口には出来ずに、思わずスカートの裾をぎゅっと握る。


彼…高桐先生とは、本当だったらこの学校で出会うはずだった。

だけど。

あたしはこの先生と、その前に全く別の場所で何度か出会っていたりする。



…早くあたしから離れてよ。

あたしのことはどうだっていいでしょ。



あたしはそう思いながら、今尚不思議そうにする高桐先生に、今度は顔を背けた。






< 1/ 301 >