ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

人気者の上原はいつも不機嫌

2人は私を巻き込む




次の日



昨日は全然眠れなくて、寝不足のまま学校へと向かう。


その途中で私は昨日は夢だと何度も心の中で唱えた。


そして、学校に着き教室に入りたいのに緊張して入れない。


そんな時後ろから………


「小野田さん?入らないの?」
という、須藤くんの声が聞こえてきた。


「………っ!?」


叫び声が出そうになり、慌てて口を抑える。


振り向くと、いつものように爽やかな笑みを浮かべる須藤くんがいた。


だけどやっぱりガーゼで傷を隠していて………


もしかしてその怪我も、昨日みたいな喧嘩が原因なのかな。


って何考えるんだ!
昨日のは夢だ夢!!



< 63/ 541 >