ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

人気者の上原はいつも不機嫌

2人の正体は




次の日。


学校に着き、教室に入るなり上原が私の名前を呼んだ。


「小野田〜!
昨日はごめんなぁ。


勉強に嫌気がさして逃げた。
でも慎也に怒られたから、もうこんなこと多分しない!」


え?
須藤くん、上原に怒ったの?


須藤くんの席を見たけど、彼はまだ来ていないようだった。


「だから今日もよろしく!」
「………あ、うん。」


須藤くんの行動に驚いていたため、私は上原の言葉に対し素直に返事してしまった。


「おぉ!
今日の小野田優しいな。


もしかして何か裏があんのか?」


「………はぁ?
人がせっかく教えてあげるって……」


「ごめんごめん、嘘だから。
ありがとうございまーす!」


全く心のこもってないお礼をされても嬉しくないっての……!



< 34/ 541 >