ケータイ小説 野いちご

手のひらの天秤 ~究極の選択ゲーム~

最後の選択


☆☆☆


入学式の日。


「はぁ、結局、クラスの子とあんまり話せなかったなぁ……」


午前中の式を終えて私は校門の辺りでうろうろしていた。



初めての高校生活。


同じ中学の子は何人かいたけど、ほとんど話したことのない子だったし………


はぁ、これから友達ができるか不安だなぁ。


なんだかもう、いくつか『グループ』もできてた。


ああいう子達って中学からの仲良しなのかな?


それとも、今日初めてあったけど、あれくらい仲良くできちゃうの?


ん~!


このまま友達できなくてボッチになったらどうしよー!

< 179/ 227 >