ケータイ小説 野いちご

『桜庭准教授的”好き”の理論《short ver.》』

エピローグ

ある男は、いつも教室でとある女子学生が気になっていた。

大学で教鞭を執っているその男は、顔が整っている所為か女子学生たちから好意を持たれやすい。

その為、これまで大学では努めて人と距離を置いてきた。

しかし、高嶺の花ならではの近寄りがたさのある美人なその女子学生が、自分のゼミ生としてやってきた事をきっかけに、男の心境にある変化が訪れた。

いつも彼女の手元には、付箋をびっしりと貼り付けられた上、読み古しているのがありありと伝わってくる程度に傷んだ、自身の著書である『法と人権』があった。

勉強熱心な学生なのだろうかと、次第に男は彼女に興味関心が湧くようになる。

そんな時だった。

男は自身のゼミ生であり、副幹事を務める学生にゼミ活に誘われたのだ。

きっと今までの男だったらその類の会への参加は、辞退していた事だろう。

しかし男は、件の女子学生とコンタクトをとってみたいと、悪戯心に思ってしまったのだ。


< 57/ 58 >