ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

早く気づけよ、好きだって。

Lovers*1
近づくきみとの距離


映画の日から一週間が経った。

あれ以来、水野君とはなんの接点もない。いつも通りの毎日が過ぎていった。

「もーも、おはよう!」

朝、教室の自分の席に着くと皐月が振り返って挨拶してくれた。

皐月は今日は綺麗に巻いた茶色い髪を、ツインテールにしている。

ピンク色のカーディガンを着て、とても女の子らしくて可愛い皐月。

私はそんな皐月に笑顔を向ける。

「おはよう、皐月。あれ? そんなのしてたっけ?」

皐月の首筋にキラリと光るものを見つけた。

私は興味津々にまじまじとそれを見つめる。

「あ、気づいた? 実はね……彼氏からのプレゼントなんだぁ!」

「へえ、可愛いね」

「えへ、でしょ?」

皐月は指先でネックレスのトップを持ち上げ、私に見せてくれた。

小さな天使の羽の形をしていて、とても可愛い。

幸せそうな笑みを浮かべる皐月からは、彼氏のことが大好きだということが伝わってくる。

「いいなぁ、優しい彼氏がいて」

皐月を見てたら、彼氏がいることがとても羨ましく思える。

自分のことを好きでいてくれる人がいるっていいな。

幸せそう。

「桃もその気になったらすぐに彼氏ができるって。特に須藤君とか! クラスでも、すごくモテるらしいよ」

「えー、蓮とはほんとにそんなんじゃないって。それにしても、相変わらずモテるんだ」

中学の時もすごかったけど、高校に入ってからまだ少ししか経っていないのに。

「目立つしねー。みんな、カッコいい男子には目がないんだよ。須藤君みたいな爽やかで知的な王子様系男子は、女子ウケがいいって決まってるしね」

爽やかで知的な王子様系男子って……。

蓮の本性を知ってる身としては、かなり笑える。

皐月は蓮とはほとんど接点がないはずなのに、そんなことまで知ってるなんて。


< 34/ 246 >