ケータイ小説 野いちご

タイトルなし

事の発端
瞳side

 ピンポーン


家のインターフォンが鳴った。きっと晴が来たんだ。

 
 「はーい!」
  
 「おはよう〜」
 
 「おはよう、晴!」

 「瞳、今日からだねー。クラス一緒だといいなぁ…」

 「そうだねぇ。ドキドキしちゃう!」



私は倉内瞳(クラウチヒトミ)。今日は桜燐高校の入学式なの!

同じ高校に受かった私の親友、水谷晴(ミズタニハル)が家まで迎えに来てくれたんだ!

初めての環境でちょっと不安。晴と同じクラスがいいなぁ


なーんて思っているとあっという間に到着。実は中学よりも高校の方が近いっていうパターン。笑

< 1/ 56 >